ホーム

富士山クラブとは

沿革

富士山環境ごみマップ

富士山環境ごみマップ

富士山環境ごみマップ

富士山環境ごみマップ

不法投棄ごみ問題の抜本的解決を目指して、効果的に清掃活動をするためには、富士山のどこに、どんな種類の、どれぐらいの量のごみが落ちているかを、正確に調査する必要があります。富士山クラブは2006年度~2007年度の2年間、ドコモ・システムズ株式会社の技術協力(協働事業)と、三井物産環境基金から助成を受けて不法投棄ごみの調査を実施し、「富士山環境ごみマップ」を作成しました。

具体的には、GPS機能がついたカメラ付携帯電話を利用して、富士山麓の公道、林道沿いを歩いて調査しました。不法投棄ごみを発見した場合は、カメラで撮影し、コメントを添えて、GPSの位置情報とともに、メールで送信します。その調査データを富士山クラブが整理し、ホームページの地図上でデータの概要を公開しています。また、そのデータに基づき、清掃活動を行っています。

富士山環境ごみマップ

現在では、五合目から上の登山道については、登山者のモラル向上などにより、ごみ投棄はほとんどみられなくなりました。しかし、残念ながら山麓への不法投棄は現在も続いています。

富士山クラブは「富士山環境ごみマップ」で得られた経験を活用して、富士山だけにとどまらない全国の不法投棄ごみ問題の解決提言に生かしていこうと考えています。

最終更新日  2013年1月10日