ホーム

ブログ

お知らせ

富士山・レ-ニア山教育交流プロジェクト(8/1~7)

富士山・レ-ニア山教育交流プロジェクト(8/1~7)

富士山・レ-ニア山を比較研究し教育に生かすワークショップに日米の教師が参加

レーニア山2.jpg富士山クラブとマウントレ-ニア国立公園(アメリカ・ワシントン州)の間で交わされた、姉妹山交流計画(2003年2月調印)のプログラムとして、この夏、マウントレ-ニア国立公園の招聘により、静岡県より高校教師2人および山梨県より中学教師3人が、日系人よりタコマ富士と呼ばれ親しまれているレ-ニア山を訪れる。

ワークショップには、ワシントン州の中学・高校教師6人も参加する。4日間のプログラムで、富士山とレ-ニア山を素材として、教科横断的に学ぶ学習プラン作りや授業についての意見交換などを行う。

2010 july 004.JPG静岡県や山梨県では、富士山学習、富士山教育が総合的学習の時間などを活用して行われている。この共同ワークショップの成果が、共有され、子どもたちの地域学習、国際理解教育に生かされることが期待できる。

2011年夏には、富士山でワークショップが行われる。この夏の成果は、富士学会でも発表される。

この機会に、富士山クラブ会員有志らが、3度目となる姉妹山訪問として、一緒にレ-ニア山を訪れる。

最終更新日  2010年8月 1日