ホーム

ブログ

お知らせ

富士山の世界文化遺産登録を後押しし、環境保全・保護運動をさらに進めよう!

富士山の世界文化遺産登録を後押しし、環境保全・保護運動をさらに進めよう!

 

富士山の世界文化遺産登録を後押しし、環境保全・保護運動をさらに進めよう!

 

NPO法人富士山クラブ理事会アピール~

 

 

富士山は2013年に世界文化遺産登録をめざしている。その崇高な姿は、古来日本の文化や芸術、宗教の対象として神聖視されてきた。2世代にわたる噴火活動によって現在の美しい円すい型を形作った富士山には年間約25億トンの雨や雪が降り、日量約450万トンの豊富で良質な地下水が蓄えられているという。富士山は日本の宝、日本人の誇りである。

富士山クラブは設立以来、富士山の環境保全・保護運動に取り組んできた。山小屋のし尿問題に対しバイオトイレ設置運動を展開して「白い川」をなくし、500トンを超えるゴミを多くのボランティアとともに回収、今もなおその努力を続けている。

私たち富士山クラブは富士山の世界文化遺産登録の実現を強くアピールする。

世界文化遺産は文化的、歴史的、宗教的な価値をユネスコの世界基準による評価である。その意味で、富士山は間違いなく世界に誇る価値を有すものと確信する。同時に、それは富士山に対する先人の思いと心を受け継ぐものだ。

明年、富士山クラブは創立15周年を迎える。登録を機に次世代の子どもたちに美しい富士山をいかに守り伝えていけるのか、そのための具体的な戦略、手法、社会的システムの構築が求められる。

わが富士山クラブはこれら一つ一つの課題を着実に解決していく地道な努力を重ねて行くことを宣言する。

                                                                                                 

20121023

NPO法人富士山クラブ理事会

最終更新日  2012年10月26日