ホーム

ブログ

お知らせ

会員・富士山大好き百人の会メンバー 神田紫さん 福島県で被災者慰問の講談

会員・富士山大好き百人の会メンバー 神田紫さん 福島県で被災者慰問の講談

講談.jpg神田紫さんが被災者を慰問
福島県郡山市で講談し、元気づける
 

 毎年、富士山頂で講談を行っている富士山クラブ会員、富士山大好き百人の会メンバーの女流講談師、神田紫さんが、東日本大震災と原発事故の被災者を元気づけようと5月5日、毎日新聞MOTTAINAIキャンペーン事務局が主催で、避難所となっている「ビッグパレットふくしま」(福島県郡山市)にて慰問講談会を開きました。

 

 演目は定番の「井伊直人出世物語」と「赤穂義士伝 南部坂雪の別れ」の2作品。午後2時から約50分間の上演だったが、お年寄りを中心に50人ほどが熱心に聞き入りました。中には、「とても楽しかった。久しぶりで気持ちが安らいだ」と涙ぐむ女性も。神田さんは「機会があれば、また、慰問に行きたい。少しでもお役に立てれば」と話しています。

 

 神田さんは山頂講談のほか、富士山をテーマにしたオリジナル講談3部作も発表し、今年も7月29-30日に富士山頂で講談を行うことになっています。

 

 

最終更新日  2011年5月15日