富士山クラブロゴ
 
 活動内容TOP 清掃活動 富士山環境ごみマップ 環境教育 森つくり シンポジューム講演会
  教材・資料製作 会員活動

富士山環境ごみマップ

 富士山の環境問題として、不法投棄ごみ問題は緊急に取り組むべき課題です。現在では、五合目から上の登山道のごみについては、 登山者のモラル向上などにより、悪質で故意のごみの投棄はほとんどみられなくなりました。

 一方深刻なのは、山麓への不法投棄です。富士山クラブでは設立以来、富士山の清掃活動を続けています。 しかし不法投棄を根絶に向けて、抜本的な解決のためには、不法投棄ごみの実態把握が必要です。

 そこで富士山クラブは、ドコモ・システムズ株式会社と協働し、技術協力を得て、青木ヶ原樹海を含む、 山麓部への不法投棄については、ごみの種類、量、投機されている位置の把握のための、 「富士山環境ごみマップ」 つくりを進めています。

 これは、GPS機能がついたカメラ付携帯電話を利用して、富士山麓の公道、林道沿いを歩いて調査します。 不法投棄ごみを発見した場合は、カメラで撮影し、コメントを添えて、GPSの位置情報とともに、メールで送信します。 現在、そのデータを富士山クラブで整理し、ホームページの地図上で、調査データを公開しています。またそのデータに基づき、 清掃活動を行っており、清掃活動成果をデータに反映させるほか、ボランティアによる定期的な事後調査活動も行います。 これにより監視による抑止効果も期待できます。

 富士山クラブでは、この「富士山環境ごみマップ」作成により、行政とも連携し、実践活動や政策提言活動を通じ、 不法投棄ごみ一掃に取り組むほか、今後は富士山だけにとどまらない全国の不法投棄ごみ問題にも応用できる、 解決モデルとして提案したい。

このプロジェクトは、ドコモ・システムズとの協働事業です。
このプロジェクトは、三井物産環境基金からの助成を受けています。


携帯電話を活用した調査活動の様子

不当投棄された車(2005年)

年々タイヤの投棄が目立つ(2005年)

ご利用条件プライバシーポリシー 特定非営利活動法人 富士山クラブ Copyright 2001 FUJISAN CLUB All rights reserved