クラウドファンディングに挑戦しています。

180624y-018.jpg 160529s_176.jpg 200815y_13.jpg 161113s_035.jpg 200905y_09.jpg

いつでも、いつまでも富士山をきれいに!

私たちは「富士山が育んできた、水と緑と命をまもり、心の故郷(ふるさと)としての美しい富士山を子どもたちに残していく」ことを目指し、活動を続けて22年目になります。
 
自然環境の改善に特効薬はなく、コツコツと続けていく必要があります。私たち富士山クラブは人間が介在しなければ改善できない、コストがかかる活動をこれまでひとつひとつ地道に続けてきました。
世界から「ごみの山」と呼ばれてきた富士山は、富士山クラブだけでなく様々な団体が活動を続ける中で少しずつきれいになっています。
 
ところが新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年度は企業団体との清掃が31件から4件に減り活動収入が激減、職員・スタッフ・地元会員数人による自主活動で細々と38回の活動を進めてきましたが、2021年度もいまだ同様の状況が続いております。
 
ポイ捨てされたごみは、自然にはなくなりません。誰かが拾い、片付けなければなりません。
特定外来植物も、誰かが駆除しなければ日本の在来植物が駆逐されてしまいます。日本人の心のふるさとである富士山を「美しい富士山」として子どもたちへ残していくためには、厳しい状況が続く中でも活動の歩みを止めるわけにはいきません。
 
そこで今回、クラウドファンディングに挑戦することを決めました。
 
ひとところに集う機会を作ることがなかなか難しい現状ですが、私たちの取り組みにご賛同いただき、どうかご寄付という形を通して活動にご参加いただければ嬉しく思います。
 
「美しい富士山」を守り続け、後世へ継承していきたいと、私たちは切に願っております。