ホーム

活動

守る

森林保全活動

森林保全活動

富士山の森では、植物の垂直分布という多様な生態系の中で、単独峰、活火山であることや台風や雪崩などの厳しい気象条件に起因した様々な撹乱がさらに多様な生態系を作り出しています。

しかしながら、人間の社会活動が引き金となっている地球温暖化の影響もあり、その生態系のバランスが崩れつつあります。

例えば、地球温暖化による植物の環境適地の変化、ニホンジカの爆発的な増加による林床植生の消失・単純化、樹皮剥ぎによる樹木の枯死、外来生物による撹乱、マスツーリズムによるオーバーユースに起因した踏圧被害の拡大など、森林生態系の劣化を要因に森林更新が妨げられることが心配されます。

「美しい富士山を子どもたちに残していく」ミッションのためには、多様な生態系の保護・保全なくしては成し得ません。そこで、我々富士山クラブは、富士山クラブ宣言に基づき、富士山が育んできた多様な生態系の復元・保全を目的とした森林保全活動を設立当初から行ってきました。

【富士山南面森林調査】

富士山南斜面には伐採・開発を免れて残された貴重な天然林があり、たくさんの草花やきのこ、動物や虫たちなどが生息する多様な生態系を構成しています。その森の中で数百年という永い年月をかけて成長してきた巨木が数多く生育しています。

この巨木の樹種と成育環境を知ることで、富士山南斜面の森林を復元するための基礎データになると考え、2005年より富士山南面森林調査を開始しました。

調査は、携帯型GPSやレーザー樹高測定機、デジタルカメラなどの最新機器を駆使して、大径木の幹回り・高さ・枝の広がり・土壌の状態・周辺の植物など、事細かに記録しています。

集積したデータは、専門家の協力を得ながら研究・分析し、西臼塚協定林をはじめとする、富士山で行われている様々な場所での森づくり活動に活用していきたいと考えています。

【西臼塚協定林森づくり】

富士山の南側に広がる森は、平成8年9月に上陸した台風17号によって、国有林、民有林合わせて1,125haの森で根返りや幹折れなど甚大な風倒被害を受けました。平成9年4月には、「富士山の森再生活動推進協議会」が設置されボランティアによる森林再生活動が始まりました。

富士山クラブは、2000年9月、標高1200メートル付近に位置する西臼塚周辺の国有林1.77haを国と協定契約を結び、自然林復元の取り組みを行っています。

活動開始当初は、森の中でドングリを拾い、稚樹を育てることや、静岡森林管理署から苗木を寄付いただき、ブナやミズナラ、ケヤキなど約1800本の植栽を行いました。また、苗木がすくすくと成長できるように、会員やボランティアの協力を得ながら下刈りなどの初期保育作業を実施してきました。

この間、風倒被害にあった森を、人間の手で、自然に近い状態に戻そうという目的で、静岡森林管理署をはじめ、自治体や市民団体、企業が連携して「富士山国有林森づくり連絡協議会」が発足しました。ここでは、意見交換会や共同事業などが企画されており、富士山クラブは加盟各団体との相互交流を図りながら、よりよい森づくりの模索と情報共有を行っています。

【竹林整備活動】

現在、放置竹林拡大による里山生態系の崩壊が全国各地で問題となっています。
静岡県内では、静岡市や伊豆半島を中心に竹林の面積が急速に拡大しており、県の調べによると、1988年から2000年までの間に1.3倍から2倍にまで拡大していることが明らかになりました。私たちが拠点を置く富士宮市内でも事務所の周辺や旧芝川町には放置竹林が点在していることが分かっています。

ではなぜ、竹林が放置され拡大することになってしまったのでしょうか。
古の時代から、日本人の生活は、竹への依存度が高く、筍をはじめ、笊や蒸籠、竹箒など、竹と人とが密接に繋がっていたため、筍堀や材料調達に竹林に入ることで、適度に手入れされた竹林が維持されてきました。しかしながら、高度経済成長期以降、竹由来の日用品は、安価でカラフルな石油由来の日用品や海外で生産されたそれにとって代わられ、食材として用いられてきた筍も外国からの輸入品が多く出回るようになり、国産品の需要は徐々に衰退していきました。国産の竹製品の需要の衰退とともに、生産者や地主は竹林から遠ざかるようになり、人の手が入らず放置された竹林が、拡大することになったのです。

竹というと、国内では、孟宗竹(モウソウチク)や真竹(マダケ)、破竹(ハチク)を目にすることが多いと思いますが、太さや枝ぶりなどの違いはあれど、地下茎で増殖することや、筍の生え始めからわずか2ケ月の間に伸びきってしまう成長の早さは、全てに共通しています。竹の地下茎は、陽のあたる柔らかい土地に向かって伸び、筍を生やす習性があるため、陽の当らなくなった放置竹林と密接した雑木林や植林地は、どんどん浸食されていきます。静岡事務所周辺の竹林もこれと同様に、隣接した農地や植林地に浸食してしまっています。

そこで、私たち富士山クラブも放置竹林の拡大を食い止めるべく竹林整備に取り組むことにしました。竹林整備と言っても、間伐するだけでは楽しくないので、間伐した材料を使って、今回実施したミニ門松作りをはじめ、春の筍堀、夏の流しそうめんなど、アクティビティーを付加することで、竹の有効利用について参加者の皆様と楽しく考えていきたいと思います。


また、緊急課題であるニホンジカやノウサギなど野生動物の調査や食害対策、富士山固有種による自然林回復の検証にも取り組んでいます。

森林保全活動は、富士山クラブの個人会員で、足腰に自信のある方ならどなたでも参加いただけます。活動を通して、富士山が育んできた生の自然を感じていただければと思います。
興味のある方はぜひ富士山クラブ事務局までご連絡ください。
皆様のご参加お待ちしております。

最終更新日  2013年8月13日